梅毒の検査は早めに行なう|尿失禁対策は薬物治療と体操を組合せる|泌尿器科を受診して早期治療

尿失禁対策は薬物治療と体操を組合せる|泌尿器科を受診して早期治療

梅毒の検査は早めに行なう

病院

性感染症の中で、感染率が高いのが梅毒といわれています。性行為によって感染する性病ですが、男性と女性とで現れる症状は様々といわれています。男性の場合、生殖器に見て分かるようなしこりができたり、足の付け根のリンパが腫れる場合があります。これらには痛みがないため、症状によってはそのままにしてしまう人もいるようです。女性の場合、はっきりとした症状が体に現れないケースもあるといわれています。このため、梅毒に感染していることに気付かずさらに感染を広める原因にもなっています。梅毒は、一般的に性交渉から感染される病気ですが、母子感染や輸血を通して感染する場合もあるとされています。梅毒の感染を防ぐためには、性行為の時は必ず避妊具を使用することです。避妊具を使うことは自己防衛にも繋がりますし、さらなる感染を食い止めることができます。梅毒の治療は、抗生物質であるペニシリン薬が使用されます。ペニシリン薬を投与し、初期段階であれば一ヶ月ほどで、症状が進行している場合でも二ヶ月ほどで完治することができます。梅毒は初期段階で治療を開始することで、病院へ通う回数も薬の処方にかかる料金も抑えることができます。初めの性交渉から、何か思い当たることがあれば早めに梅毒の検査を行ないましょう。梅毒の検査は病院や保健所、または検査キットを取り寄せて行なうことができます。忙しくて病院へ検査を受けに行けない人は検査キットを取り寄せるといいでしょう。保健所での検査は無料で行なうことが可能です。梅毒はHIVと合併して感染することが多いといわれているので、保健所で検査を受ける時は、梅毒と同時にHIVの検査を受けることも多いです。