尿失禁対策は薬物治療と体操を組合せる|泌尿器科を受診して早期治療

梅毒の検査は早めに行なう

病院

梅毒に感染した可能性があれば、早めに病院や保健所などで検査を受けましょう。忙しくて検査を受けに行くことができない人は、検査キットを取り寄せることが可能です。梅毒の治療にはペニシリン薬が使用され、初期段階であれば一ヶ月ほどで完治します。

Read More..

泌尿器科の選び方

カウンセリング

埼玉で泌尿器科を受診する時は、病院選びも大切です。全国の病院を紹介している情報サイトや、各地の名医を紹介している専門の書籍などがあります。医療技術だけではなく、患者への配慮がしっかりとできる医師を見つけることができます。

Read More..

鍛える

手

腎臓で尿は作られ、尿管を通ることで膀胱に貯まる仕組みになっています。男性と女性では、尿道の長さが違い、さらに女性の場合は男性よりも尿道が短くまっすぐになっています。骨盤底筋は、尿道の開閉を行なう筋肉ですが、女性は男性よりもその筋力が弱いとされています。加齢によって骨盤底筋が弱くなるといわれていて、その影響で膀胱が下に下がってしまいます。そうすると、ちょっとした刺激などでも尿失禁が起こるのです。排尿は通常、膀胱に尿がある程度溜まるとそろそろ排尿して下さいねと脳に伝達されます。それが尿意として現れることによって、人はトイレに向かうのですが、その伝達が上手く行かなくてトイレまで間に合わず、尿失禁を起こしてしまうのが切迫性尿失禁といわれる症状です。急に尿意を感じるため、トイレに間に合わないことが多いのです。咳や重い荷物を持ち上げることによって、腹部に圧がかかることで起こる尿失禁は腹圧性尿失禁といいます。この症状は、女性であれば4人に1人が経験しているといわれています。さらに、この二つの症状が合わさった混合型尿失禁といわれる症状もあります。これらの尿失禁の対策として、骨盤底筋体操が有効とされています。骨盤底筋体操とは、弱まってしまった骨盤底筋を鍛えるもので、膣や肛門に力を入れ締めることで鍛えることができます。1日5回を10セット行なうことで、数ヶ月ほどで効果が現れるといわれています。これらの運動でも、尿失禁を感じてしまう人は尿漏れパッドを失禁対策として使用するといいでしょう。泌尿器科では、失禁対策として主に薬物による治療が行われますが、治療と合わせて体操などを行ない対策を行なうことが大切です。

梅毒検査を行なう病院

医師

梅毒検査を行なう時は、パートナーも一緒に検査を受けましょう。男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科や産婦人科になります。体に発疹が出た時は、皮膚科でも診察を受けることが可能です。

Read More..